板金とは

板金とは板のようにうすい金属板を加工することです。身近なものだとクルマのボディが板金にあてはまります。板金・鈑金(ばんきん、古くは いたがね とも)とは薄く平らに形成した金属である。また、その素材を常温で塑性加工することも板金・鈑金といいます。
金属材料の基本的な形状の1つであって、切断加工や曲げ加工により様々な形状に加工することができる。たくさんの日用品がこの材料から作られている。一般的に、厚さが極端に薄いものを「箔(はく)」「ホイル(foil)」、6mm以上のものを「厚板」といいます。

製缶とは

製缶とはドラム缶や缶ジュースといった丸みのある金属製品はもちろん、厚みのある金属をつなげ合わせたものも製缶といいます。 製缶(せいかん)とは、缶を製造することである。タンク、水槽、橋梁、鉄骨、船舶、鋼板、形鋼などを加工する作業も製缶 と呼ばれている。